「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

石匠の見世蔵 活動報告ブログ
以前の記事
2011年 02月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 09月
more...
最新のトラックバック
2011年ひなまつり!!
a0070294_21154964.jpg

みなさん、こんにちは!

石匠の見世蔵WEB班の西村です。記念すべきWEB更新の第1回目のイベントは、「真壁のひなまつり」についてです!

ひなまつりには、筑波大学芸術系の今年度1年の学生がデザインし、石工さんたちによって作られた石灯篭が飾られます!
写真をたくさん撮ってきたので、見ていきましょう!

a0070294_21241081.jpg
石灯篭の展示をしている平井邸の中の様子です。現在平井さんは住んではいらっしゃらないのですが、有形文化財として残っているこの平井邸をお借りし、掃除をして、石匠の見世蔵活動の拠点として使用しています。

a0070294_2129167.jpg
芸術系の学生がデザインした、個性あふれるさまざまな石灯篭が中で展示されています。

a0070294_21341717.jpg
こちらは”石にお絵かき”のワークショップで子供たちが作った石の動物の写真です。イベントごとに子供たちに石に触れるワークショップをしてもらうことで、石の魅力を知ってもらおうという活動です。

a0070294_2138589.jpg
子供たちがワークショップをしている時の様子です。みんな楽しそうに、何を描こうか、どの色を使おうか迷っているようでした。

a0070294_21404015.jpg
これはひなまつりにちなんで石の廃材に学生が描いたひな人形です。石を加工するときに出た廃材も、形を整えて絵を描けば立派な作品になるのです!

a0070294_21432459.jpg
石工さんとひなまつりに来たお客さんとのやり取りの様子。石工さんと一般消費者との距離を少しでも縮めようというのが我々石匠の見世蔵の活動目的と言えるでしょう。

a0070294_21465357.jpg
以上が今回のひなまつりの様子でした。ひなまつりは2月4日~3月3日まで開催されています。石匠の見世蔵は土、日曜日に平井邸にて活動しております。この機会にぜひ、真壁に足を運んでみてはいかがでしょうか?よろしくお願いします!

筑波大学芸術専門学群デザイン専攻1年 西村
[PR]
# by ishio-san | 2011-02-21 21:51 | →活動報告
石匠の見世蔵WEB班始動!
みなさん、こんにちは!

石匠の見世蔵WEB班の西村です。このブログの更新が絶ってからしばらくが経ちましたが、ようやく石匠の見世蔵WEBの更新に力を入れる時がやってきました。

筑波大学芸術系の学生が中心となって現在石匠の見世蔵ホームページの新しいデザインを制作中です。
完成をもう少々お待ちください!
[PR]
# by ishio-san | 2011-02-21 21:02 | →活動報告
今年度の活動開始!
明日、学生の真壁ツアー、今年度の石の作品プレゼンがあります!
今年度もいよいよ作品制作が始まります。
夏の夜祭りをお楽しみに!
[PR]
# by ishio-san | 2009-06-06 01:52 | →活動報告
昨年度ひな祭りの様子です
a0070294_0383098.jpg
今年度の作品を展示しました。見世蔵コンテナは今回もお目見え。

a0070294_0394572.jpg
今年のいしおまんじゅうにはかわいい進化が。わかりますでしょうか?

a0070294_0395792.jpg
会場でフローリストの方にワークショップを行っていただきました。石から咲いた花。

a0070294_040971.jpg
そして今年のいしお雛です。三人冠者、五人囃子そろっています!ミニいしおさん増えましたー。

a0070294_0401834.jpg
大きないしおさんも大活躍。

a0070294_0402730.jpg
ワークショップで作ったいしおさんが、真壁の商店街の竹の中に飾られていました。
かぐやひめみたいでかわいいです。


以上、真壁のひな祭りの報告でした!
[PR]
# by ishio-san | 2009-05-30 00:27 | →活動報告
いしおさんinブルガリア!
長らく更新が途絶えてしまいましたが、石匠の見世蔵はいつもどおり活動中です!


2月の半ばから後半にかけて、桜川市とブルガリアの石文化の交流事業で、いしおさんがブルガリアに行ってきました!

a0070294_12229100.jpg
空を飛ぶいしおさん。初めての海外、緑の帽子がかっこいい!?
a0070294_12222064.jpg
ブルガリアのパサルジクで歓迎をうけました。
a0070294_12222726.jpg
外務省の建物です。
a0070294_1222343.jpg事業のポスター。キリル文字でブルガリアと桜川市の石の職人さんの名前が書いてあります。上の段、3番目がいしおさんの生みの親であり見世蔵のメンバーである、あいたさんの名前。キリル文字だとこう書くんですねー。

a0070294_1222488.jpg
日本から持ってきた石の作品を外務所のロビーに展示。タイトルは「Ishiosan」。ちなみに百首歌は「One handred poems」でした。
a0070294_1222553.jpgいしおさんもちょこんと展示。

a0070294_1223255.jpg
歓迎会の食事。も、燃えてるっ。
a0070294_1223113.jpg
一週間滞在して作品制作をした工場(こうば)の景色です。工場に石の切れ端がおいてあるのは世界共通?
a0070294_12231987.jpg
真っ白な工場の中。大理石での彫刻は、いつも扱う石と勝手が違い、難しかったそうです。
a0070294_12233088.jpgブルガリアの石でつくった百首歌。
この百首歌たちはブルガリアに寄贈されました。

いしおさん、お疲れ様でした!
[PR]
# by ishio-san | 2009-04-12 13:30 | →活動報告